高血圧で生じる動脈硬化とハイリスクな脳動脈硬化

高血圧は血管の内圧が常に高い状態が維持されてしまう疾患であり、正常域から高いのが常態になってしまっていることで様々なリスクを抱えることになります。その中でも直感的に分かりやすいのが血管への負担です。血管の内圧が上がっているということはそれだけ血管の壁に力が加わっていることになるため、その内圧に耐えていけるように血管は少しずつ肥厚していくことになります。それによってより血管が細くなって高血圧を悪化させるリスクがあることに加え、肥厚した血管は硬くなってもろくなりやすいという性質があります。そのため、高血圧が続くことによって動脈硬化が進行しやすくなるということになります。動脈硬化が生じると、血液が流れる際に無理な力が加わったり、一時的に通常よりもさらに高血圧になった際などにもろくなった血管が裂けてしまうリスクが高まります。それによって血管だけでなく様々な器官が障害を受けることにつながります。
動脈硬化は身体のどの部分でも起こり得ますが、脳で起こるものを脳動脈硬化と言います。脳動脈硬化は死に至る可能性があるハイリスクなものです。脳動脈硬化の結果として生じるリスクが高いのが脳卒中であり、それによって応急処置が遅れると命を失ったり、植物人間常態となってしまったり、記憶障害等の後遺症を残すことになってしまったりします。
動脈硬化を経てこういった恐ろしい疾患に直結し得るのが高血圧であり、血圧を正常域にコントロールすることは治療を行う上で重要となります。降圧剤を使用することによって血圧管理を行いながら生活習慣を改善していくことによって日常的な血圧が正常値に入ることを目指していくのが基本的な高血圧治療となります。