高血圧ならサプリメントと動脈硬化ドックを活用

血圧は歳をとれば誰でも高くなるものと、考えている方も多いと思います。
確かに、若い頃は低血圧気味だったのに、年齢を重ねた事で高血圧になってしまう方も多いようです。
血圧が高くなったくらい・・と軽く見られる事もある高血圧ですが、動脈硬化により血圧が高くなっているケースもあるので、注意しましょう。
動脈硬化は血管の壁に、コレステロールが付着する事で、血管自体が硬くなる病気です。
血管が硬くなると血管内に圧力がかかる為、高血圧になりやすいと言われています。
動脈硬化はただ単に、血管が硬くなるだけではなく心筋梗塞や脳卒中といった、重い病気の引き金となるケースも少なくありません。
高血圧と動脈硬化は密接な関係があるので、日頃から対策をとる事が健康維持に繋がります。

高血圧で動脈硬化が気になるという場合、動脈硬化改善サプリメントを活用してみましょう。
動脈硬化改善サプリメントには、EPAやDHA、レシチンや葉酸などが挙げられます。
特にEPAとDHAは、コレステロール値を下げる作用を持つ、動脈硬化改善サプリメントです。
これらの成分は青魚に多く含まれていますが、現代人の食生活では十分なEPA・DHA量を補う事は難しいと言われています。
サプリメントであれば手軽に摂れますし、魚嫌いな方でもEPA・DHAを必要量摂取する事が可能です。

また、定期的に動脈硬化ドックを受ける事お勧めします。
動脈硬化ドックは人間ドックの1つで、血管の状態を調べる事に特化した検査を行います。
採血、血圧脈波検査、頸動脈エコーといった検査を行うケースが多いようです。
血液を調べる事で動脈硬化の原因となる、コレステロール値が分かります。
血圧脈波検査では血管年齢を、頸動脈エコーでは動脈硬化を発症しているかどうかを検査します。
動脈硬化ドックを受ける事で、血管の状態を隅々まで知る事ができます。