毎日の血圧チェックが大切

日本人が亡くなる病で多いのは一番はがんですが、二番目は心臓病になっています。
この心臓病は日頃から気をつけておかないと、急に発症するため非常に怖い病気です。
この病気の対策をするには、毎日の血圧チェックが大切です。
血圧を毎日計って変動が起きていないか調べておくと、自分の体調変化を把握することができます。
血圧を計る時ははかる時間帯が重要で、できるだけ毎日同じ時間にするといいです。
人間の血圧は時間によって変わることが多いので、同じ時間帯に血圧を計ることで変動を把握できます。
ただ測定した血圧の値がどのような意味を持つのかは、専門のお医者さんの意見を聞いたほうがいいです。
素人判断では問題になるので血圧の変動があった時は、専門家の意見を聞くべきです。
また血圧は環境によって変動することもあります。
例えば緊張している時や、食事をしたり運動している時も変わります。
そのため毎日血圧を計る時は、何もしていない時間帯に測定すると安定します。
運動している時と普通に過ごしている時の血圧を比べて意味はないので、測定をすつ環境を整える必要があります。
毎日血圧を計るのは大変ですが、血圧の変動は大病の兆候なので調べておいた方でいいです。

精神的なストレスは血圧が上昇します

心と身体は繋がっています。
身体が不調であれば精神的にも元気がなくなりますし、精神的なストレスを感じていると、身体も不調が出てきます。
心と身体は切っても切れない関係にあり、相互に影響し合っています。

精神的なストレスがどのような症状として出るかは人それぞれです。
抑うつ状態になる人もいますし、アルコールに依存する人もいます。
身体に出る場合も当然あり、一番有名なのは胃潰瘍です。
ストレスで胃がやられる、胃に穴が開くというのはよく聞く話です。
でも、胃だけではありません。
身体に出る症状は人それぞれなのです。
酷い肩こりに悩まされ、マッサージや鍼灸院、整形外科に行っても治らないで抗うつ薬で治ることもあります。
また、肌が荒れたり、酷い帯状発疹が出る人もいます。
精神的なストレスを抱えると免疫力が低下するのでもともと持っていた持病が悪化しやすくなり、アトピーやアレルギー、ぜんそくが酷くなる人もいます。
それと同様に、元来血圧が若干高めの人は、血圧が上昇することもあるのです。
普段からある程度血圧のコントロールができているにも関わらず血圧が上昇したら、それは精神的なストレスからくるものかもしれません。
ストレスは、その人の弱いところをより悪化させてしまうのです。