有酸素運動が血圧コントロールに繋がる

運動には有酸素運動と無酸素運動というものがあります。
ダイエットに効果的なのは多くの酸素を消費して行なう有酸素運動です。
この有酸素運動ですが、実はダイエットに効果的というだけではなく血圧コントロールという働きもしてくれるのです。
有酸素運動は心拍出量と交感神経系両方に効果があります。
すると、体内では腎臓に働きかけて余分な水分を体外へ排出しようとします。
体内の水分量が減るということは血流にも影響し、結果として血圧を低下させることになるのです。
また、血管を拡張もさせるのでそのことでも血圧を低下させてくれます。
高血圧は成人病の一つとして、様々な重大な病気の原因になるとされています。
特に血管に与えるダメージは大きく、血管がダメージを受けると脳梗塞や心筋梗塞といった死の危険性もある病気になる可能性が高まってしまいます。
有酸素運動はそういった事態を防ぐのに効果的というわけなのです。
具体的にどうすればよいかというと、簡単に出来るのはウォーキングです。
毎日30分でも良いので早足で歩くようにするだけで高血圧を改善する効果が期待出来るのです。
息が上がるほどの運動になると無酸素運動となってしまい、逆効果となりますのであくまでも自分のペースを理解して行なうようにしましょう。