一時的な高血圧になる原因

「高血圧とは」
人間の心臓はポンプのように収縮して血液を体中に流す役割をもっています。
高血圧とは血液を押し出す圧力が一定以上に上昇したまま続いている状態のことをいいます。その基準は上の血圧が140mmHg以上、下の血圧が90mmHg以上のいずれかに当てはまる場合とされています。
高血圧の人に早期治療が必要なのはこの状態が続いた場合徐々に臓器に影響が出はじめ、脳血管障害や心筋梗塞などを起こす確率が高くなると言われているからです。
高齢化が進む日本では2000から3000万人が高血圧と推定されていて肥満、糖尿病と共に警戒すべき病気となっています。
また一時的な高血圧になる原因として、運動、ストレス、外気温、飲酒、喫煙、入浴、など様々あります。
中には遺伝的に高血圧になりやすい人もいますが、ほとんどの人は肥満、糖尿病と考えられています。

「狭心症とは」
狭心症とは発作的に胸の痛みや圧迫感などの症状を引き起こす病気です。
狭心症発作の起こり方として一般的には老作狭心症か安静狭心症があります。
狭心症 発作が起こる原因として血管が狭くなることにより心筋に十分な血流、酸素が送り込めないときに胸の痛みがおこります。

「高血圧と狭心症の関係」
高血圧の状態が長く続くと全身に血流を送り出す心臓はより強い力が必要になり、心臓の壁が厚くなるという心肥大が起こります。
心肥大が進展すると心機能の低下につながります。
また高血圧が続くと冠動脈の動脈硬化が生じ、血管が狭くなったり詰まったりし
狭心症が起こります。

「アダラートについて」
狭心症などに効く薬としてアダラートというものがあります。
これはカルシウムの作用を抑えて心筋の緊張を和らげたり冠動脈の内腔を拡げる働きをもった薬です。
そのため狭心症に効く薬となっています。
またアダラート 粉砕をし服用すると血圧が急激に低下する恐れがあるので粉砕して飲むのは危険と言われています。